SIRIES NO.1 ロイヤルクリスタル光南
完成 1992年1月 総戸数 120戸
広島市の「優秀建築物」と「優秀緑化施設」をダブルで受賞!
東亜地所マンションシリーズの第1弾。敷地に対する高い空地率を確保し、120戸全戸への平面駐車場を用意したほか、プレイロット・多目的ルーム・東屋のある日本庭園など充実した共用施設をプラン。マンションとしての将来的資産性にこだわって建築された「ロイヤルクリスタル光南」は、平成3年度の広島市の「優秀建築物」と「優秀緑化施設」を同時に受賞しました。この栄誉はオーナー様へも大事に受け継がれ、その豪華さと美しさは今もなお維持され続けています。また、この受賞経験で得た「将来的にも価値のあるマンションは、グッドオーナーに恵まれる商品づくり」というスタンスとして、後のマンション事業の根底に脈々と受け継がれています。
SIRIES NO.2 ロイヤルクリスタル井口
完成 1995年2月 総戸数 92戸
明るいワイドスパンタイプを全戸で採用
海と風をテーマにしたエントランスホール内のステンドグラスが印象的な「ロイヤルクリスタル井口」は、シーフロントエリアの南向きの立地の明るさを充分に感じて頂けるよう、全戸にワイドスパン設計(間口8m×奥行き8m)を採用
住戸内の廊下部分を少なくできるワイドスパンのメリットを活かし居室部分の面積を広く確保。
また中住戸であってもメインバルコニー側に3室配置できることで、より採光と通風に優れた住空間を実現しています。
最上階の10邸では、LDKに勾配天井、洋室にロフト収納を設けて、ワイドスパンの平面的な広がりと明るさに加え、天井の高い開放感ある生活空間を提案しています。
SIRIES NO.10 ロイヤルクリスタル呉中央
完成 2001年3月 総戸数 33戸
戸建感覚の住空間と仕様を随所に!
JR呉駅から続く大通り「今西通り」を1本入った「呉市中央3丁目」という便利で且つ閑静な立地に誕生した14階建て全33戸の「ロイヤルクリスタル呉中央」
全戸のリビングにゆとりと優しさと光を導く曲線的な空間をプランしたほか、バルコニーにはスロップシンクではなく水洗付きのガーデンコーナーを配置したり、角住戸だけではなく中住戸にも玄関前に門扉付の独立性の高いプライベートポーチを確保するなど、戸建てを中心に事業してきたデベロッパーがつくるマンションというコンセプトを強く意識した、戸建て感覚のライフステージを演出しています。
SIRIES NO.11 ロイヤルクリスタル相生通り
完成 2001年2月 総戸数 34戸
南面2住戸+独立住戸棟の配棟でプライバシー確保
紙屋町まで自転車で僅か約6分という便利な場所でありながら、全戸角住戸でプライバシーを確保したマンションを提案した「ロイヤルクリスタル相生通り」
その思いは南面に2住戸+東面にワイドスパン住戸1戸の2棟構成とした住戸配置に象徴されています。
この配置により、東側の住戸は隣接住戸のないワンフロア1戸の完全独立住戸となり、プライバシーも確保しながら暮らして頂ける住空間となっています。
また、当社のシリーズで初めて逆梁アウトフレーム工法を採用したマンションで、高さ2,100mmのハイサッシュと多目的に活用できるコンサバトリーを全戸に設置。
相生通りに面した東南角地の敷地に建つマンションならではの明るい生活空間を実現しています。
入居開始後に、都市高速「西風新都線」が開通したほか、目の前に「フレスタ上天満店」や「セブンイレブン」などの利便施設が続々オープンし、ご購入当時以降に利便性が増したマンションの好例となっています。
SIRIES NO.12 ロイヤルクリスタル三篠北町
完成 2003年9月 総戸数 41戸
ローカウンター出窓で風景を満喫するライフスタイルを提案
15階までの各フロアのリビングやバルコニーからの開放感と眺望を日常に感じて頂ける住空間を提案したリバー&パークフロントマンション
これまでのマンションで採用した逆梁工法とワイドスパン設計を同時に採用するとともに、この眺望を最大限に感じて頂けるように、各戸のリビングの出窓はローカウンターにしてその上部のガラス面にはワイドで高さのあるサッシュを積極的にプラン。出窓に腰掛けながら風景を感じるライフスタイル提案と、風景画のようなガラス越しのロケーションは、どんな装飾品にも勝る明るさと開放感を醸し出すアイテムとして重宝されたのではないでしょうか?
「RIVER ART」というマンションパンフレットのキャッチコピーが、そのまま「ロイヤルクリスタル三篠北町」の生活イメージにあてはまる、太田川放水路と三篠北町公園に囲まれた希少なライフステージとなっています。
SIRIES NO.14 ロイヤルシティビュー牛田本町
完成 2012年2月 総戸数 23戸
京橋川沿いの風景と市内のパノラマを愉しむ邸宅地マンション
「牛田の平地」といえば、将来的にも資産性高く受け継がれるべき立地。広島でも指折りの住宅地として名高い牛田地区を貫く大通り沿いに誕生するマンションでは、建物自体の意匠性にこだわりました。建築デザイナー満野有氏にそのデザインを託すことで、風景に馴染みながらも存在感あるスタイリッシュなファサードに仕上がっています。
また、ワンフロア2戸の全戸角住戸の13階建てマンションという牛田での希少性ある各住空間では、2,200mmのハイサッシュを採用できる逆梁工法とし、上階からの京橋川沿いの桜並木や中心部方面のパノラマを満喫するデイタイム、きらめく夜景も生活の一部となるようナイトタイムを過ごして頂けるよう、雁行型のビューリビングやプライバシーを確保したL型バルコニーをプランしています。
SIRIES NO.15 ロイヤルシティパーク庚午中
完成 2012年9月 総戸数 33戸
戸建てのテラス感覚で活用できる「アウトドアリビング」を全戸に確保
広島市西区エリアの中でも、住宅地としての閑静さと、宮島街道沿いに各種利便施設が揃う便利さを兼ね備えた人気の「庚午中一丁目」に誕生。7階建て全33戸、子育て世代を主なターゲットに設定し、明るくのびのびと暮らせる住空間を提案しました。
中住戸ながら開口部を9.3m確保した4LDKタイプや、最大奥行き約2.5mのバルコニー「アウトドアリビング」を全戸に用意した設計は、特に子育てファミリーの共感を得ました。
また、1階住戸には2台分の駐車スペースとしても利用できる専用庭を用意、全5タイプの最上階住戸には、天井高約4.2mの勾配天井やロフト付住戸を設けるなど、戸建てデベロッパーがつくるマンションならではの住空間を提案しています。  食品スーパーに隣接、保育園・小学校は徒歩約2分の角地。恵まれた立地条件に加え、全戸に平面駐車場を確保した「ロイヤルシティパーク庚午中」は、角地に映えるシンボリックな外観の存在感とともに、資産性高いマンションとして受け継がれていくことでしょう。
SIRIES NO.16 ロイヤルシティパーク戸坂
完成 2014年2月 総戸数 29戸
閑静で快適な暮らしを存分に謳歌する特殊住戸をご提案
暮らし良い平地の住宅地“戸坂山崎町”に誕生した5階建て全29邸。全邸南向きのワイドスパン住戸を可能にしたスクエアな敷地形状が、他のマンションにはない住空間を創出させました。
“グラウンドフロアタイプ”の1階住戸(5邸)は、集合玄関を経由しない専用玄関と、専用駐車場(4LDK住戸には2台分)をプラン。セキュリティ面にも配慮しながら、一戸建てのような玄関アプローチのある住戸となっています。
“プレミアムフロアタイプ”の最上階住戸(6邸)では、リビングダイニングの天井高を2.8m確保。ハイサイズな住空間に、間接照明としても効果もあるダウンライトを標準装備。
また、メインバルコニー側に高さ2.2mのハイサッシュと、バルコニーには全面ガラススクリーンを採用し、トップレジデンスならではの明るさと開放感溢れる住空間を提案しています。
SIRIES NO.17 ロイヤルシティビュー祇園
完成 2014年9月 総戸数 30戸
イオンモール広島祇園へ徒歩3分! わずか30邸の寛ぎの住空間
安佐南区で多くの住宅地を開発・供給してきた東亜地所の安佐南区内での初マンション「ロイヤルシティビュー祇園」は、「イオンモール広島祇園」のオープン以降急速な発展が進む“新祇園エリア”に誕生。「快適な環境の中で落ち着いた暮らし」を叶えるにふさわしい立地が最大の魅力です。
縦のラインが印象的な1フロア3邸のスタイリッシュな外観と、シリーズマンションの上質で充実した室内の標準装備に加え、住空間に寛ぎを与えるLED照明を多用した室内の「ライティング(照明計画)オプション」を提案、多くのご購入者様に採用を頂き、マンションから寛ぎの灯りが零れるナイトタイムの外観もメインストリート沿いのマンションとして存在感を醸し出しています。
メインバルコニーからは、開放感と陽光溢れるシティビューを満喫、主寝室などの落ち着いた時間を過ごす居室側では、緑溢れる山々の自然を感じるリゾートサイドのような暮らし良さが入居者の満足度を高めています。
SIRIES NO.18 ザ・ロイヤル小町
完成 2017年6月 総戸数 39戸
平和大通りそばの大人の住空間を提案
広島のシンボルストリート“平和大通り”から1本南側に入った閑静なエリアに「ザ・ロイヤル小町」は誕生しました。地区計画で「都心コア住居地区」に指定された「中区・小町5番街区」は、オフィス街にも至近ながら、平和大通りの緑溢れる風景が身近で、まさに大人のマンションライフを謳歌するにふさわしいアドレスです。
上層階住戸には、豪華な設備・仕様を採用したラグジュアリーな「プレミアムフロア」をご用意。また、室内の壁面に思い思いのアクセントクロスを無償で選んで頂ける「ロイヤルセレクトシステム」を採用するなど、自分らしさを演出しながらの住空間づくりの提案も大変好評でした。
ワンフロア3邸構成で39戸全てがプライバシー性と独立性の高い角住戸。各戸の開口部をより多く確保したL型の建物配置が、都心のマンションライフにプラスアルファの暮らし心地の良さを与えてくれています。