SAFETY & STRUCTUREセキュリティ・構造

SECURITY

より高度なセキュリティを導入し、日常の安心を確保。

防犯性、快適性を高め、住まいとご家族の安心・安全を末永く守る、先進のセキュリティシステムをご用意しました。

優れた防犯性能を誇る万全のセキュリティ。

鍵を取り出さずにエントランスを通れるハンズフリーシステム「ラクセスキー」
バッグやポケット内にラクセスキーを携帯し、エントランスリーダに近づくことで、ハンズフリーでエントランスセキュリティを通過することができます。
プログレッシブシリンダー
1000億通りもの理論鍵違い数により高い防犯性能を発揮します。
風除室からエレベーターホール、各住戸まで細部に目を行き届かせる安心の「オートロックシステム」
エントランスにはオートロックシステムを採用。住戸内のカラーモニターインターホンで来訪者を映像と音声で確認した後、解錠します。録音機能もついています。
鎌式デッドボルト
バールでこじ開けようとしても釜形状になっているので安心です。
スイッチ式防犯サムターン
つまみの中央を押しながら回さないと開かない仕組みのサムターン。
防犯カメラ
人の目がゆき届きにくい死角や敷地内入口に防犯カメラを設置。防犯効果を高めるとともに、画像は録画され、一定期間保存され万一の場合に対応します。
エレベーター内監視モニター
エレベーター内に設置した防犯カメラの映像は、1階エレベーターホールのカラーモニターに映し出され、内部の様子を確認できるため、防犯効果も高まります。

ECOLOGY

家計に優しく、環境にやさしい経済的な設備・仕様。

CO2排出量も削減した
地球環境にも
やさしい新しいシステムです。

高効率給湯器「ecoジョーズ」
給湯器上部から空気中に排出する約200℃の排気熱を再利用。熱効率を約95%(従来は約80%)にまで引き上げたエコジョーズは、CO2排出量を約12%カット。熱効率が上がった分、ガスの使用量が少なくなり、従来の給湯器に比べ、ガス料金が軽減されとても効率的。環境とともに家計にも優しい給湯システムです。

【ランニングコスト試算】広島ガス(株)シミュレーションによる算出1世帯4人家族想定(集合住宅)エコジョーズ・床暖・ミスト浴乾・コンロ使用 ガス料金:「床暖まるトク料金プラス」2019年7月分調整料金含む※金額は使用状況によって異なります。

個別契約料金と一括契約料金との料金(単価)差を利用した電気料金割引サービスを採用していますので、使用量に応じて割引します。

OTHERS

リビング・ダイニング・キッチンには床暖房を設置しました。足元から心地よく室内を暖め、理想的な暖房「頭寒足熱」を実現した暖房システムです。

床暖房の3つの効能

カラダに理想の頭寒足熱
  • 赤外線のふく射熱でお部屋をムラなく暖めます。
  • ガス温水式床暖房なら足元がヌクヌク。
空気がクリーン
  • 風がないのでのどや肌が乾きにくく、ほこりを舞い上げることはありません。
  • アレルギーの原因のハウスダストも減少します。
安全に広々と使える室内
  • 温水式なので燃焼部分が室内にありません。
  • 床そのものが暖房器具なので室内に余分なものが無く、つまづくこともありません。
スロップシンク
バルコニーに靴の洗浄やガーデニングの水やりに便利なスロップシンクを設置。
バルコニー防水コンセント
バルコニーで電化製品を使用する際に活躍するバルコニー防水コンセント。

STRUCTURE

万一の際も安心して暮らせるために、
確かな建物品質を追求しました。

普段見えないところだからこそ徹底的にこだわった、当社が誇る建物品質。細部に至るまで妥協しない確かな構造を実現しました。

支持層へ場所打ち鋼管コンクリート拡底杭を
打ち込んだ強固な杭基礎構造
ボーリングによる地質調査の結果、地下約28.5m以深に堅固な支持地盤があることを確認し、この層を支持層とした杭基礎構造を採用しています。
コンクリートの強度
コンクリートは混合する水量が多いとひび割れが起きやすくなり、水や炭酸ガスの侵入によって劣化がはじまってしまいます。そこでコンクリートの強度と耐久性を高めるために、単位水量と水セメント比の基準を厳しく設定し、配合段階から劣化を軽減するよう対策をとっています。配合に関しては、コンクリート技士が厳密に管理することで、品質に万全を期しています。
●単位水量:185kg/m²以下に設定 ●水セメント比:55%以下に設定
※単位水量:表乾状態の骨材(砂利等)を使って1m²のコンクリートを作る際の水の重量。単位水量を大きくすると材料の分離・水密性の低下、乾燥収縮の増大につながる。※水セメント比:コンクリートの強度を左右する指標で、コンクリートの調合のセメント量に対する使用水量の重量比。
拘束性の高い
溶接閉鎖型帯筋
コンクリート柱内に配される鉄筋には、縦方向に伸びる主筋とそれを拘束する帯筋とがあります。帯筋がしっかりと主筋を拘束することで、地震などの影響によるコンクリートの損傷が防止されます。従来は帯筋を止めるのにフックをつけて行っていましたが、溶接によって閉鎖する方法を採用(一部除く)。揺れに対しても粘り強さを発揮するようにしました。
二重天井
天井に、コンクリートスラブとの空間を設けた二重天井構造を採用。遮音性に優れています。
断熱性に十分に考慮した構造・躯体
外壁の内側には断熱材を吹き付け、空気層を挟んで厚さ約9.5㎜のプラスターボードを貼り合わせているので、高い断熱効果を実現しています。
防音性に優れた戸境壁
住戸間の戸境壁は鉄筋コンクリート造とし、厚さは約220㎜としています。これにより高い遮音性能を実現、隣戸への音の伝わりを抑えています。※11階のAタイプとBタイプの戸境壁は乾式壁となります。
遮音壁による水廻りの
遮音対策
水廻りに接する居室の壁には、厚さ約9.5㎜のプラスターボードとグラスウールで、遮音性を高めています。
パイプスペースの遮音対策
住戸内に設置される汚水、雑排水などの堅排水管には遮音対策を施し、音漏れにも配慮しています。
下地補強
将来の安全性に考慮し、玄関、南面バルコニーへの出口、バスルーム入口には手摺を取り付けられるよう、下地補強を施しています。
断熱性を高めて結露を
軽減する複層ガラス
住戸のサッシにはすべて一般的な単板ガラスよりも断熱性に優れた複層ガラスを採用しています。
住宅瑕疵担保責任保険
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく、住宅の主要構造部分の10年間の瑕疵担保責任の範囲が対象となり、建物の補修や損害賠償金支払いが履行されるよう、住宅瑕疵担保責任保険に加入しています。